モテる女性は隙がある!?

モテる女の秘密~なぜあの子がモテるのか~

男性を頼りにする

隙とは

よくモテる女は隙があるといいますが、この「隙」とはどういうものでしょう。
俗に言う、男性に「Hできるかも」と思わせることとは少し違うように思います。

まず、隙があるということですから、隙だらけの「軽い女」は問題外ですね。
ですから、ベースは「堅い女」ということになります。

仕事や学校などでは、しっかりと「できる女」、「自立してる女」とも言えるかもしれません。

ただし、なんでも一人でやってのけようとしたり、悩みでもなんでも一人で解決しようとしてしまうと、なんというか、それはもう男ですね。

ですから、この抽象的で曖昧な「隙」というものを、敢えて一言で言い表すのならば「男性を頼りにする」ということではないでしょうか。

なんでも男性に頼るのはただの「甘え」ですが、しっかりしている女性が男性に頼るという姿が「隙」のように映るのだと思います。

モテる女性は隙がある

頼りっぱなしは逆効果

男性は頼られるのが好きですが、何でもかんでも頼られっぱなしだと面倒臭くなってしまいます。
逆に頼られなさ過ぎると、自分の意義を感じられず、離れて行ってしまいます。

男性にとっては、しっかりした女性から頼りにされることが何よりも嬉しく、また、誇らしく感じるものなのです。

貞操観念

尻軽ではダメ

まず、貞操観念の低い女性はただやりたいだけの男性に群がられることはあっても、決していい男はゲットできません。

いい男というのは女性との将来をきちんと考えてくれます。
誰とでもHして男をとっかえひっかえしているような女性との将来を考えられるでしょうか。

本人は上手にことを運んでいるつもりでも、いざ婚約となった後に思わぬ横やりが入って破談になるなどよくある話です。

最近は貞操観念が高いことを古風とかダサいとか蔑ろにする風潮があります。
女性だってもっとカジュアルにHを楽むべき、という言葉すら耳にします。

もちろん観念的な問題なので、何が正しくて何が悪いとは言えません。
ただ、素敵な恋愛をして素敵な男性と一緒になりたいのなら、きちんとした貞操観念を持つべきでしょう。

軽い女性は遊ばれる

極端に堅物でもダメ

逆に、あまりにガードが固すぎても男性との縁がなくなってしまいます。
ある程度、仲が深まったなら心を許してあげるくらいでないと、男性は女性の愛情に不信感を抱いてしまうでしょう。

キャリアウーマン、仕事バリバリ女になるとモテないと言われたりしますが、これも詰まる所、男性から「隙のない堅物女」と思われてしまうことが主な原因のようです。

例えば、普段バリバリしている人は中々強く簡単に弱音は吐かないものですが、それでは男性の『女性を守る』本能に火をつけることはできません。
そんな人は、意中の男性の前でだけぽろっと弱音を吐いてみたり、自分の弱気な面をしっかり見せてあげれば上手くいきます。