事例5:担当さん視点 – ”結婚できない会員”の特徴 ①

失敗から学ぶ婚活塾

社会人としてのマナー

”お客様”の意識では結婚できない!?

結婚相手は私たちが決めることではないんですよね。その人に合った人を紹介したり、その人の婚活をサポートするのは私たちの仕事です。ただ、結婚はお相手あってのものだし、その人自身の頑張ってお相手を見つける努力や前向きな姿勢は絶対に必要です。「こっちはお金払ってんだぞ」的なお客様意識ではお相手に敬遠されてしまいますよ。

某コンサルタントAさんから話を聞くことができましたが、担当している会員にも色々な人がいるようです。
担当さんと一緒に頑張って婚活している会員、マイペースでいまいちつかめない会員、なんでもっといい人に合わせてくれないんだと文句を言う会員、お金払ってんだからああしてくれこうしてくれとお客様意識が抜けない会員、…などなど。

私も当初はそうでしたが、消費者目線だと「高い金払ってるんだから希望してる人に合わせてよ!」となりがちです。
もちろん、それだけ期待をして入会しているということでもあるのですが。

Aさんいわく、相談所が「会員のためにいい人を探して紹介につなげたり、その人がいい人と出逢えるようにサポートするのは当たり前ですが、会員自身もいい人に出会いたいなら自分磨きをしたりすることも必要」とのこと。
結婚相談所に入会したといっても「ただ待っていれば素敵な人が来てくれて結婚できる、なんて訳ない」のは当たり前のこと。
しかし、お客様意識が抜けない会員はその考え・意識が抜けないから”ご縁”はまだまだ遠いということなのでしょう。

人柄はメールのやり取りにも表れる!?

メールに対する返事がない

会員様とはマメに連絡を取るようにしているのですが、中にはきちんと返事を返してくれない方もいてお見合いの調整などで困ってしまうことがありますね。もちろん、皆さんお忙しいですからすぐにお返事を返してくださいとは言いませんよ。ただ、何のお返事もなく3,4日経ってから何事もなかったように連絡が来るのは社会人としてどうなんだろうと思ってしまいますね。

仲人型の相談所のカウンセラーさんのお話です。
仲人型と呼ばれる結婚相談所にも大手もあれば、中小法人、個人事業もあり規模は様々ですが、この形態の相談所は基本的には結婚相談所連盟に加盟している小規模な個人事業の相談所が大多数です。

また、仲人型の場合、お見合いの日にちや待ち合わせ場所はすべて仲人さんが設定してくれます。
大手の場合は、コンピュータシステム化されていて直接担当さんとやり取りすることはあまりないのですが、中小法人や個人事業の相談所の場合は、大体がお仲人さんとメールなり電話なりで直接やり取りをして調整するというのが主流です。
そのため、きちんと連絡を返してくれないと調整が進まずお見合いの日にちが1か月も延びてしまうなど、お見合い相手にも申し訳ないとのことでした。

なんというか、当たり前の連絡のやり取りすらできない人との結婚て考えられないと思います。

感謝の気持ちは、相手を思いやる気持ちに通ずる

メールのやり取り一つとっても、「こういうところにも気付くことができるのなら結婚できるな」とか「こういうメールじゃ…結婚は難しいな」とかわかるものですよ。例えば、「お見合いを調整してくれてありがとうございます。」とか「紹介してくれてありがとうございます。」とか、そういう一言って大切じゃないかなと思いますよ。私に感謝してほしいってことではなくて、社会人として常識じゃないかなって。

消費者はお金を払ってるので事業者はサービスを提供するのは当たり前です。
しかし、やってくれて当たり前の体は常識に欠ける行為かもしれません。

お金を払っている払っていないに関わらず、誰かが自分のために何かを手伝ってくれたりしたことに対して感謝の気持ちを持てない人は、はたして相手の気持ちを思いやることができるものなのか疑問です。
小さいことを言っているようですが、結構根本的なことなので重要だと思います。
例えば、喫茶店のウェイターに横柄な態度をとる人と、誠実で紳士淑女な態度で接する人と、どちらに好感を持つかは言うまでもないですね。

結婚相手に求める希望条件は様々ですが、自分自身も素敵なお相手から希望される人間になれるよう、努力する必要があるのではないかと思います。

今回のポイント

素敵な人と思われるかどうかは、細かい気遣いや心遣いができるかどうかに大きく依るのではないかなと思います。

みんな誰でも結婚相手には素敵ないい人を希望します。
社会常識に欠けている人、内面が未熟な人、感謝の気持ちが足りない人、相手を思いやることのできない人、いずれも残念ながら素敵な人とは言えません。

自分を磨くといっても、何か大それた自己改革をするのではなく、些細な気遣いや心遣いができるよう気を配ったり、自分を客観的に見たり、内面を省みたりすることが大切ではないかなと思います。