事例8:タイミングを逃すと、ご縁も逃げる①

失敗から学ぶ婚活塾

意外と難しいタイミングのお話し

男性の『押せ押せ』は、女性が引いていく!?

お見合いをした後に交際となった時、一番気を付けなければいけないのが、相手の温度ですね。

どうしても男性は、気に入ってしまうとどんどん押してしまうことが多いんですね。もちろん、女性は受け身なことが多いので押すことは必要なんですよ。

ただ、女性はいくら男性に対して「いいな」て思っても簡単に気持ちが舞い上がることもなく慎重なので、女性の気持ちに合わせずにぐいぐいと押してしまうと女性は引いてしまいます。

ここで、失敗してしまっている男性が多いですね。

某コンサルタントいわく、「男性の気持ちの盛り上がり方と、女性の気持ちの盛り上がり方は違う」そうです。

女性の気持ちがついていけなくなる

どうもコンサルタントやお仲人さんに話を聞いていると、結婚相談所で交際になった後に男性が先走りすぎしまうことが多いようです。

  1. 交際となったとしても、女性は慎重な場合が多い

    交際OK

    二人ともが交際を希望した場合には交際になりますが、二人の気持ちの温度まで一緒ということでもないという訳です。

  2. 男性がガンガン押してしまうと…

    ガンガン押す

    それを考慮せずに、ガンガン押してしまう男性も多いようです。

    • お見合い後すぐに結婚にむけた話を切り出す。
    • メールをガンガン送る、また、そのメールが長い・重い。
    • 電話やメールで想いのたけをぶつける。
    • 好きな気持ちや会いたい気持ち全開。

    などなど…

  3. 女性は気持ちがついていけない

    いい人だけど、気持ちがついていかない

    女性の気持ちがついていけず、交際が破たんしてしまうことに。

  4. 男性はなぜフラれてしまったのか?

    なぜフラれてしまったのか?

    男性にとってみては、いったい自分の何が原因でフラれてしまったのかがわからない

    しかし、これこそが、
    『顔が良ければ基本的にOK』な男性と、
    『顔+ステータスを重視』な女性
    との違いなのかもしれません。

温度の違いを知る

男性が思っている以上に女性は慎重。

よく男性は『押しの一手』と言われたりしますが、こと結婚相談所の交際に限ってはそうではないようです。

結婚相談所の出会いには『結婚が大前提』ですから、女性は普通の出会いに比べてかなりシビアに男性を見ていますね。

今回のポイント

男性は単純に女性の容姿が気に入れば結婚OKな気持ちになりますが、女性はいくら顔がタイプだったとしても簡単には結婚OKと考えないようです。

女性は現実的と言いますが、実際、結婚後の生活のことや子供が生まれた時のことなどを考えると、男性の収入や生活力に敏感になるのはしょうがないでしょう。

今回は男性視点で見てきましたが、もちろん逆パターン(男性が慎重で女性が押せ押せ)もあるようで、それも決して良い結果には結びついていないようです。

相手の気持ちに合わせて、一緒に一歩ずつお互いの気持ちを確認していくことが重要ですね。