結婚相談所の料金

結婚相談所の料金の基本

結婚相談所の主な料金は以下のような種類の料金費用となります。

料金項目表
費用の種類 料金費用の名称
入会時の費用 入会金、登録料、初期活動費用など、相談所によって名称は様々です。
月々の費用を初回にまとめて支払う必要がある相談所もあります。
月々の費用 主に月会費と呼ばれる、月々の固定月額料金です。
お見合いの料金 お見合料、調整料など、お見合いごとに要する料金です。
オプション お見合いの立ち合いやネットシステム利用料など、相談所によって様々です。
基本サービス以外で別途生じる費用になります。
結婚が決まった場合の費用 成婚料と呼ばれます。
結婚相談所では”プロポーズ成功=結婚が決まった=成婚”→成婚料のお支払となります。
成婚料について

安物買いの銭失い

今の時代、安くていいものはたくさんあります。
しかし、結婚相談所に限っては「安かろう悪かろう」と思っておいたほうが無難です。

なぜそう言えるのかを消費者目線だけではなく、結婚相談所側の目線も合わせて見てみましょう。

結婚相談所はボランティア団体ではない

以外と混同されている方もいますが、結婚相談所は”ビジネス”です。
そして、当然ですが運営には諸経費が掛かり、この経費を稼ぐこともままならない相談所は倒産します

結婚相談所の料金相場
入会時費用 月々の費用 成婚料 総活動費用(1年)
7万~15万 1万~2万 相談所による 30万~50万(成婚料等も含む)

基本的には一般的な相場から外れる料金(入会金無料や超低価格)などは”理由(ワケ)あり”と考えた方が無難です。

「なぜそう言えるのか?」は物事の本質を考えていけばわかります。

結婚相談所は会員がいない(増えない)と潰れます。

結婚相談所が会員を増やすためには”効果的な広告宣伝”を行う必要があります。

大手企業や中堅企業くらいまでの結婚相談所であれば、様々な”効果的な広告宣伝”で十分会員集めが可能でしょう。

しかし!小規模な結婚相談所の場合、”効果的な広告宣伝”の分野では大手などに到底敵いません。

そのため、地域密着型で良い評判を聞く結婚相談所というのは成婚率が高い傾向にあり、成婚率という消費者側が最も望む成果を出していることをアピールし会員を呼び込んでいます。

結婚できる相談所は自然と会員が集まる

結婚相談所で結婚できるかどうかは、その相談所のサポートの質に大きく左右されます。
私も結婚相談所にお世話になった身ですから断言しますが、サポートがしっかりしていない結婚相談所では成婚するのは難しいです。

もし、あなたが”結婚できる相談所”と”結婚できない相談所”があったらどちらに入会したいですか?
当然、前者ですよね。

結婚できない相談所によくある宣伝文句

結婚ができていない結婚相談所は成婚率を売りにできません。

  • ”効果的な広告宣伝”は不可能(大手と張り合うには多額の宣伝費用が必要)
  • 成婚率の売りもない(成婚率を偽り集客を行うのは法に触れます)

すると、どうするか?
簡単です。
低料金を謳い文句に宣伝を行います

安いものにはそれなりの”理由(ワケ)”がある

消費者目線で考えると結婚相談所に入会するのは、”いい人を見つけて結婚する”ためです。
できるだけ結婚相手が見つかる確率が高そうな相談所を探し、できるだけそのような相談所に入会したいと考えます。

ですから、結婚相談所は成婚率が高ければ自然と会員は増えることになります。

つまり、

  • 結婚ができる結婚相談所の場合、高めの料金設定でも新規会員の入会は途絶えることがない
  • 結婚ができない結婚相談所の場合、会員が集まらず”安売り”せざるを得なくなる

ということが見えてきます。

中には、びっくりするほどの低料金設定で質の高いサービスを提供している結婚相談所もありますが、それは本当にごく一部です。
大抵の場合は、料金が安いのは良心的な結婚相談所というわけではなく、
安さしか売りがない結婚相談所
だということです。

安いものを追い求めすぎると失敗するというのは世の常です。

料金選びのポイント

  • 料金の相場を考慮する

    基本的には相場から著しく乖離する料金設定の結婚相談所は注意してみる必要があります。

  • 成婚料は織り込み済み

    成婚料がない相談所もありますが、基本的には活動の料金に織り込み済みと考えてください。

  • トータル費用で考える

    料金は活動費用のトータルで考えることがベターです。
    例えば、結婚できてもできなくてもトータル30万の結婚相談所と、結婚できたら40万、できなかったら20万で済む相談所などなど…

  • 追加料金に注意する

    大手、中小、個人、と結婚相談所の規模にかかわらず、公式ホームページ上で料金を詳細に掲載していない事業者は、後出し的に追加料金提示を行うことがあるので気を付けてください。

誰が何と言ってもあなたの人生。
一番大事なことは、あなた自身で情報を集めることです。

実際に気になる結婚相談所の資料を見比べ、無料説明会や無料相談会などに行ってみて、自分に合った活動ができる結婚相談所なのかを検討することが最善かつ結婚に向けて一番の近道ですよ!

結婚相談所の成婚料について

成婚料て何なの?

大手を除き、結婚相談所で結婚が決まったら大抵の場合、成婚料が発生します。
例えば、結婚相談所でなくとも町の仲人さんや親戚の仲人さんに紹介された場合にはお見合いのお礼をしたり、結婚すれば20,30万円(家柄にもよる)のお礼をしたりするというのが一般常識です。
これが結婚相談所でいう成婚料に当たると考えてください。

成婚料は払わなくてもバレない!?

町の仲人さんなら払って、結婚相談所なら払いたくないというのは少々筋が通らないでしょう。
成婚料を払いたくないと思うようなサービスの質の悪い結婚相談所であったとしても、そこで結婚ができたということであればその出会いを得ることができた相談所に感謝の気持ちを持ちましょう。
その相談所がなければ一生結婚できなかったかもしれないのですから。
逆に、一生懸命お世話してくれてた結婚相談所に成婚料を払わないというのなら、人間性や人格を疑われます。
成婚料を払わないで逃げるには口裏を合わせる必要がありますが、まず、そのような話をした時点で相手からは見限られると思った方が良いです。

感謝の気持ちを持つこともなく成婚料を払わないで逃げるような人と、これから一緒に人生を歩んで行きたいと思う人はいないでしょう。

結婚相談所もバカじゃない

大抵の結婚相談所の契約書には以下のような条項が記載されています。

当会を利用して知り合った人と成婚した場合には、たとえ脱会した後に婚約が生じた場合であっても、成婚料を支払うものとする。また、故意に支払いを逃れるような不正な行為があった場合には、契約違反として成婚料の倍額を支払うものとする。

これらは結婚相談所側が勝訴した判例もあり、訴訟となればよほどの事情でもない限りに負けると思ってください。